年金デビューの60代「みんな、貯金はどのくらいあるのか」

copy URL

年金収入だけでは、老後は不安?

ここで、「老後2000万円問題」の内容をおさらいしておきましょう。

金融審議会の「市場ワーキング・グループ報告書『高齢社会における資産形成・管理』」によると、2000万円は以下のモデルケース世帯を元に算出されています。

高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)

  • 実収入(主に年金):20万9198円
  • 実支出(主に食費):26万3718円

月々の赤字額:5万4520円 (約5万5000円)

老後必要額:5万5000円×12カ月×30年(老後30年と仮定)=1980万円

 

これが「老後2000万円問題」の根拠になりますが、もしかしたら毎月の収入額や支出額に違和感を覚える方もいるかもしれません。毎月の支出入額は、家庭の生活スタイルによって大きな差が出やすい部分だからです。

とはいえ、金融庁自ら「年金収入だけでは、老後の生活費はまかなえない」と公表した事実については、私たちは重く受け止める必要があるのかもしれません。

老後に向けて今からできること

先ほど見てきたように、60代の金融資産保有額の中央値は875万円でした。

生活スタイルは人それぞれではありますが、これから長い老後生活が続くことを考えると、心もとない金額と言えるかもしれません。これからの老後に向けて、どのような備えをしていけば良いのでしょうか。

解決策のひとつとして、「資産運用」を取り入れることが挙げられるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
岡崎 泰輔

大阪学院大学経済学部卒業後、東洋証券株式会社に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、主に個人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に約9年間従事する。特に米国株、中国株の提案を得意とし、豊富な金融知識を活かした顧客ニーズに沿う提案が強み。表彰歴多数。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。