年金デビューの60代「みんな、貯金はどのくらいあるのか」

copy URL

「60代にもなって資産運用!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。ここで、60代の種類別金融商品保有額についても確認しておきましょう。

種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

60代の平均金融資産保有額:1745万円(合計)

【内訳】

  • 預貯金(うち運用または将来の備え):959万円
  • 保険(生命・損害・個人年金):459万円
  • 金融商品(債券・株式・投資信託):285万円
  • 財形貯蓄:27万円
  • 金銭信託:5万円
  • その他金融商品:11万円

※四捨五入の関係で、内訳の計と合計は一致しません。

このように、「預貯金」が金融資産保有額のうち半分以上を占めており、「預貯金」と「保険」を合わせると全体の約8割にものぼることが分かります。

最近は「つみたてNISA」や「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」などの税制優遇制度も整い、国も資産形成における「資産運用」の重要性を強調しています。

60代でも遅すぎるということはありません。まずは、自分のライフプランを見直しながら、生活スタイルに合った金融資産の配分を考えることから始めてみてはいかがでしょうか。

おわりにかえて

資産運用ビギナーの方であれば、最初の一歩を踏み出すのは少し勇気がいるかもしれませんね。

しかし、老後は皆さんに平等に訪れます。なるべく早めに対策に取りかかることで、対策の選択肢も広がっていきます。

最適な金融商品や運用スタイルは人によって違います。「どれを選べばいい?」「何から始めたらいい?」

そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ一度お金の専門家に相談してみましょう。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
岡崎 泰輔

大阪学院大学経済学部卒業後、東洋証券株式会社に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、主に個人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に約9年間従事する。特に米国株、中国株の提案を得意とし、豊富な金融知識を活かした顧客ニーズに沿う提案が強み。表彰歴多数。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。