男性の6割「育休取得できなかった」その理由とは?

2F_komado/shutterstock.com

copy URL

株式会社明治は2021年6月18日、育児経験のある男性を対象に「パパの育児参加状況」に関する実態調査の結果を公表しました。調査によると、男性で育休を取得していない人が約6割となりました。取得しなかった理由として、「取得しづらい雰囲気がある」、「人員不足」など環境面を挙げる声が多数を占めています。

そこで今回はこの内容を詳しくチェックしていきます。そのうえで、2021年6月3日に成立した改正育児・介護休業法についてもみていきましょう。

続きを読む

男性の育休取得は4割に「2週間以内」約半分に

調査は、0~1歳未満の子を育児中の25歳~39歳の男性590名から回答を得ました。

それによると、育休を取得していると回答したのは40.3%にとどまり、約6割が取得しなかったことがわかりました。さらに、育休を取得している人のうち、約半分である 22.7%は2週間以内と短期間の取得にとどまっています。

     【出典】株式会社明治「『パパの育児参加状況』実態調査」

また、育休を取得しなかった人の理由としては、主に下記の通りです。

  • 取得しづらい雰囲気がある
  • 職場の人員が不足していた
  • 所得を下げたくない

主に仕事関連に“環境の壁”があることが明らかになりました。

それでは、日本全体における、男性の育休取得率はどうなっているのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

中央大学法学部出身。大学卒業後、一部上場大手IT企業を経て、2013年からは厚生労働省の記者クラブにて、医療や介護などの社会保障を取り扱う専門紙の新聞記者として約3年勤務。主な取材先は厚生労働省や財務省などの関連省庁や国会議員など。高齢者の医療・介護保険の普及のために、難解な制度をわかりやすくまとめて発信。その後、GMOインターネットグループや弁護士ドットコム株式会社をはじめとする複数のIT企業にて、経営者向けメディア、バックオフィスや弁護士、税理士など士業向けの転職支援メディア、ITガジェット系のウェブメディアなどのオウンドメディアの立ち上げを経験。編集畑での10年以上のコンテンツ経験を活かすべく、現在はLIMO編集部所属。