【経済悪化】中国が反外国制裁法でG7に対抗。日本企業は本気の危機管理を

copy URL

今年のG7サミット(6月11日から13日)では、「中国への強い懸念」が共同声明に盛り込まれた。

英国・コーンウォールでのG7サミットにおける首脳声明では、新疆ウイグル自治区での人権問題や香港・台湾問題への懸念が示され、先進民主主義諸国が一丸となって透明性ある途上国支援を強化する方針が打ち出された。

これは事実上、中国が進める巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する「対一帯一路」となり、先進民主主義諸国と中国との対立に歯止めがかからない状況となっている。

続きを読む

早速、中国は強く反発する姿勢を見せている。全国人民代表大会の常務委員会は6月10日、外国が中国に経済制裁などを発動した際に報復することを可能にする「反外国制裁法」を可決した。

同法は、常務委員会が6月7日に可決に向けての審議を開始し、夏までに可決される見込みだったが、異例のスピードで可決されている。

6月に同常務委員会はほかにも、政府によるデータ情報の管理強化を目的として、外国人や外資系企業を含め、国内での情報収集や保存などにおいて中国の国家安全保障に悪影響を及ぼすと判断された場合に法的な責任を課す「データ安全法」を可決した。

このような形で先進民主主義諸国と中国との政治対立が深まれば、それがどう経済領域に影響を及ぼすかが懸念される。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

清和大学講師/ オオコシセキュリティコンサルタンツ アドバイザー、岐阜女子大学特別研究員、日本安全保障・危機管理学会主任研究員を兼務。専門分野は国際政治学、安全保障論、国際テロリズム論。日本安全保障・危機管理学会奨励賞を受賞(2014年5月)。共著に『2021年 パワーポリティクスの時代―日本の外交・安全保障をどう動かすか―』(創成社)、『テロ、誘拐、脅迫 海外リスクの実態と対策』(同文館2015年7月)、『「技術」が変える戦争と平和』(芙蓉書房2018年9月)など。研究プロフィールはこちら