退職金4000万円上乗せはトクなのか? 早期退職のメリット・デメリットを徹底解説!

copy URL

このように、前職の看板に頼るのではなく、あなたに特殊なスキルがあるとか、副収入があるのであれば転職は全然アリだと思います。ちなみに筆者も不動産投資でアーリーリタイアを実体験。その経験と知識をYouTubeチャンネル「ウラケン不動産」でお伝えしていますので、ご興味があれば覗いてみてください。

転職をしない方がいいケース

一方、大企業の看板をバックに仕事をしてきたような人は、転職をしない方が良いと言えるでしょう。先ほども言ったとおり、動物園のライオンが野生に返されるのと同じようなものです。どうしても…という場合でも、相当慎重になる必要があるでしょう。

転職しない方がいいもう1つのケースとしては、転職をして給料が下がるのが嫌だと考えている場合です。転職した人のうち3分の1は給料が減っているというデータがあるように、50歳のサラリーマンが転職をして給料が上がることは稀だと思います。

そもそも転職をして給料が上がるような人であれば、今の会社で既に出世しているでしょうし、ましてや窓際に追いやられることなんてないはずです。もし転職をして終身雇用の枠を外れてしまえば、そこは完全な実力社会になりますので、ほんの少しでも不安があるのであれば転職はすべきではないと思います。

仮にあなたのキャリアを買われて転職したとしても、結果が出なければ再度リストラされるリスクもあります。極端な話、前職の3倍のスピードで働ける覚悟と体力がないなら、転職はしない方が良いでしょう。

おわりに

もしもあなたが今の会社で出世コースを歩んでいるのなら、そのまま今の会社に留まった方が良いというのは言わずもがなだと思います。

しかし、今までお伝えしてきたように、今の段階で出世コースから外れていて、退職すれば割増退職金がもらえる場合であったとしても、大半の人にとっては今の職場で頑張った方が幸せになれる可能性が高いのです。

ただ、そうは言っても、「今の会社にしがみついて、何の未来もないまま働くのはちょっと・・・」と思われる方も多いと思います。そんな方に私が提案したいのは、サラリーマンという属性を活かして不動産投資を始めてみることです。

会社に残るにしても辞めるにしても、10年先のことなんて誰もわからない時代ですから、どうなっても生きていけるように副業だけは持っておいた方が良いと思います。副業は色々ありますが、不動産投資は、初心者であってもきっちり勉強すれば誰でもお金持ちになれる稀有な投資法です。

意外に思われるかもしれませんが、不動産投資は「不動産実務検定」などで体系的に学ぶことができます。私も不動産投資を長年やってきたおかげで、今は好きな仕事だけをして生活できていますので、やはり不動産投資は一考に値すると考えています。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

浦田 健

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
浦田 健
  • 浦田 健
  • 株式会社FPコミュニケーションズ 代表取締役
  • 一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)代表理事

明治大学商学部卒。2002年個人向け不動産コンサルティング会社を創業。2008年「すべての人に不動産の知識を」を使命としJ-RECを創設、同時に「不動産実務検定」を開始。全国35ヵ所以上に教室を開設し、いつでも、だれでも、どこでも不動産実務知識が学べる環境をつくる。2014年マレーシアに移住。国内はもとより海外の不動産コンサルティングを手がける。主な著書に「金持ち大家さん」シリーズ他、不動産関連書籍多数、発行部数は業界最多となる累計31万部超。ビジネス系YouTuber「ウラケン不動産」として、不動産、経済、金融に関する情報を配信中(2021年1月現在登録者76,000人)。