65歳以上「みんなの貯蓄額」無職世帯の平均はいくらか

Talaj/shutterstock.com

シニア世代の就労を後押しする制度が整いつつあるこんにち。定年引き上げや、再雇用・延長雇用の計画を打ち出す企業も増えています。

とはいえ、やはり還暦を迎える60歳、もしくは年金受給の開始年齢である65歳を、「老後のスタート地点」と捉える人が多数派ではないでしょうか。

今回は、2021年5月18日に公表されたばかりの、総務省「家計調査」をもとに、65歳以上世帯の貯蓄事情を見ていきます。

いまどきシニア「貯蓄はいくらあるのか」

続きを読む

ここからは、総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-(二人以上の世帯)」から、世帯主が65歳以上の世帯の貯蓄について、最新データをながめていきます。

まず、二人以上の世帯のうち、世帯主が65歳以上の世帯について、貯蓄額の分布を確認しましょう。

65歳以上・二人以上世帯の「貯蓄額分布」

拡大する

総務省統計局「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-(二人以上の世帯) Ⅲ 世帯属性別にみた貯蓄・負債の状況」をもとに筆者作成

65歳以上・二人以上世帯の「貯蓄現在高」
(貯蓄保有世帯)

平均値…2324万円
中央値…1555万円

上記の貯蓄分布をながめると、65歳以上世帯の40.7%が、あの「2000万円」を超える貯蓄額を保有しています。

また、4000万円以上の世帯が17.3%、300万円未満の世帯が15.4%と、それぞれ同程度存在している点は着目すべきでしょう。「老老格差」などと呼ばれる貯蓄の二極化が起きていることが分かります。

また、「2000万円」を一つの区切りとして考えたとき、平均値ではそれを超えていますが、中央値はまだ手が届いてない状態です。

ことばの解説

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。