【厚生年金】ひと月の受給額「10万円未満の人」の割合 ~平均額だけでは、見えない部分~

copy URL

厚生年金受給額、ひと月「10万円未満」の割合は?

先ほどの受給額分布を見ると、ひと月あたりの厚生年金受給額が「10万円未満」の人の割合は、男性で約10.6%、女性で約50%となります。

さらにひと月あたり「5万円未満」の層に絞ると、男性で約1.4%、女性で5.9%となることが分かりました。

蛇足ですが、いわゆる「高額受給者ゾーン」のほうは、「30万円以上」が男性で全体の約0.17%、女性は全体の約0.007%となっています。

「厚生年金は国民年金よりも手厚い傾向がある」というイメージは間違いではありません。しかし、加入状況や現役時代の収入により、老後の受給額には個人差が生じることが分かります。

たとえば、奥様がご主人の扶養内でお仕事をされるかどうか迷われるご家庭も多いかと思います。つい現時点での世帯収入だけに目が行きがちですが、老後の「夫婦の年金収入」がどう変わるかも考慮しつつ、家族のライフスタイルに合う働き方を見つけていきたいものですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。