人気FPが教える「つみたてNISA」~ホントにお得?~

5つのメリットと4つのデメリット

umaruchan4678/Shutterstock.com

copy URL

近頃、なにかと話題のつみたてNISA

コロナ禍をきっかけに、将来に不安を感じた方が多かったからでしょうか、いま注目があつまっている「お金のおトクな制度」です。

実際、2019年末時点のつみたてNISAの口座開設数は約189万口座でしたが、2020年末時点では約302万口座と、1年間で約113万口座も増えています。

話題のつみたてNISAですが、今回は「つみたてNISA」の基本の仕組みとメリット・デメリットについて解説します!

続きを読む

つみたてNISAってどんな制度?

つみたてNISAとは、年間投資上限額40万円までの投資で得られた利益を20年間非課税にできる制度です。

投資の利益には、通常20.315%の税金がかかります。これは、投資で仮に10万円の利益が出ても、税金で2万円ほど引かれ、8万円足らずしか受け取れなくなるということ。

しかし、つみたてNISAを利用して投資をすれば、10万円を丸ごと受け取れるのです。つまり、つみたてNISAを利用すれば、税金を気にすることなく利益を最大化できる、というわけです。

「表1 つみたてNISA概要」にまとめていますので、ごらんください。

拡大する

【表1】つみたてNISA概要(筆者作成)

つみたてNISAのメリットとは?

つみたてNISAの主なメリットは5つあります。さっそくみていきましょう!

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
頼藤 太希
  • 頼藤 太希
  • 株式会社 Money&You 代表取締役 / マネーコンサルタント

中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や月300万PV・250万UUの『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『1日5分で、お金持ち』(クロスメディア・パブリッシング)『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂)『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)など著書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。