60代貯蓄ゼロ世帯は「案外多い?」老後のお金を考える。

Wesley Silva de Souza/shutterstock.com

2021年2月に総務省が発表した「家計調査 令和2年(2020年)平均」によると、二人以上の世帯の消費支出は、物価変動の影響を除いた実質で前年から5.3%減少となりました。

この背景には、先行きの見えないコロナ禍で娯楽や外食の自粛が続いたこと、また、感染拡大の不安から家計を引き締めた世帯が増えたことなどが考えられそうです。

コロナで迎えた2度目の春、そして再三にわたる緊急事態宣言。はたらきざかりの現役世代の仕事、そしてお金を取り巻く環境は不安定な状態が続いています。

続きを読む

では、いわゆる「コロナ前」に現役生活を終えた方も多い「60代」のみなさんの暮らしぶりはいかに…。

今回は最新の調査結果をもとに、「60代の貯蓄事情のリアル」に迫ります。

60代の貯蓄事情

さいしょに「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年(2020年)調査結果」をもとに、60代の貯蓄状況を見ていきます。

60代・二人以上世帯「金融資産保有額」

(含:金融資産非保有世帯)

平均・・・1745万円
中央値・・・875万円

60代の金融資産保有額の平均は1000万円を大きく超えるという結果になりました。この金額をみて、「自分が60代になったとき、こんなに貯めている自信がない」と感じた人も多いはず。

定年退職金としてまとまった金額を受け取る人が多い年代とはいえ、本当に60代の方の多くが1000万円以上も貯めているのでしょうか。また、その貯蓄を切り崩さずに生活をしているのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。