つみたてNISAランキング、どの運用会社の投信が金融庁に一番採用されたのか

umaruchan4678/Shutterstock.com

はたらく世代の資産運用熱が高まっています。金融庁が2021年2月に発表した 「NISA・ ジュニア NISA 口座の利用状況調査」を見ていくと2020年12月末時点でつみたてNISA の口座開設数は300万8259口座となっています。

今回は、金融庁による、つみたてNISAの指定インデックス投資信託167本を分析し、どの運用会社の投資信託が最も採用されているかについて調べてみました。

つみたてNISAの採用本数ランキング!

続きを読む

採用本数が多ければいいというわけではないですが、本数が多いということは金融庁が考える個人投資家の資産形成に役立つ投信を提供している運用会社という見方もできます。

それでは、採用本数が少ない運用会社から順番に見ていきましょう。第16位からさかのぼっていきます。

採用本数が「1本」の運用会社【第16位】

  • JP投信
  • 朝日ライフアセットマネジメント
  • 岡三アセットマネジメント
  • しんきんアセットマネジメント投信
  • スカイオーシャン・アセットマネジメント
  • ドイチェ・アセット・マネジメント
  • ブラックロック・ジャパン

採用本数が「2本」の運用会社【第14位】

  • auアセットマネジメント
  • ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ

採用本数が「4本」の運用会社【第13位】

  • SBIアセットマネジメント

採用本数が「5本」の運用会社【第11位】

  • フィデリティ投信
  • 楽天投信投資顧問

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。