みんなの常識「老後生活費2000万」60代独身も当てはまるか

OneLineStock.com/Shutterstock.com

近年、男女ともに未婚の割合が上昇しています。

2018年に公表された厚生労働省の「50歳時の未婚割合の推移」から「日本の世帯数の将来推計」を見てみると、2020年度における未婚割合の推計は男性が26.7%、女性が17.5%。この割合の人々が50歳時点で一度も結婚歴がないとのことです。

上記の推計では、未婚割合は2040年に男性は29.5%、女性は18.7%まで上昇すると予想されています。

「おひとりさま」は人生を謳歌されている人も多いと思いますが、心配ごとのひとつに「老後の生活」があります。

続きを読む

本日は、60代独身の「おひとりさま」にクローズアップして、必要な老後のお金はいくらなのか、お話ししていきます。

60代独身、老後のお金はいくら必要か

老後の心配が尽きないのは、独身であろうとなかろうと、みなさん一緒です。

しかし、もし仮に独身の方が、このまま老後を迎えたとき、ひとりで生活してくためには一体いくら用意しておけば安心なのでしょうか。

必要金額を総務省の「家計調査報告(家計収支編)2020年(令和2年)平均結果の概要」をもとに計算していきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。