夫婦共働きなら「年金だけで」老後は暮らしていけそうか

Pavel Vinnik/shutterstock.com

女性の社会進出がさけばれる昨今、夫婦ともに仕事を持つ「共働き夫婦」は珍しくありません。

内閣府男女共同参画局の「男女共同参画白書(概要版) 平成30年(2018年)版」によると、共働き世帯は昭和55年(1980年)以降から増え続け、平成9年(1997年)には共働き世帯数が専業主婦世帯数(※)を上回りました。

専業主婦世帯は、妻が老齢基礎年金しかもらえないのに対し、共働きであれば老齢厚生年金も上乗せでもらえるため、夫婦2人で受け取れる年金額は増えることになります。

続きを読む

では、夫婦共働きであれば、年金だけでゆとりのある老後が送れそうでしょうか。

今回は、共働き夫婦が受け取れる年金額や老後の生活費のデータをご紹介します。

※「専業主婦世帯」の表現について・・・同白書中では「男性雇用者と無業の妻から成る世帯」と定義されていますが、本記事では便宜上「専業主婦世帯」と表現を統一いたします。

夫婦で年金はいくらもらえるか

まずは、専業主婦世帯、共働き世帯それぞれの場合で、年金がどれくらい受け取れるのかを見ていきましょう。

厚生労働省年金局の「令和元年(2019年)度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、年金の平均月額は以下の通りです。

国民年金

平均年金月額 5万5946円

  • 男性平均 5万8866円
  • 女性平均 5万3699円

厚生年金

平均年金月額 14万4268円

  • 男性平均 16万4770円
  • 女性平均 10万3159円

厚生年金の月額には、国民年金の受給額も含まれています。単純に平均のデータから考えると、専業主婦世帯の場合は、夫婦合わせて21万8469円。共働き世帯の場合は、夫婦合わせて26万7929円の年金が受け取れることになります。ちなみに、夫もしくは夫婦ともに自営業の場合は2人で11万2565円です。

次では、夫婦2人で老後を暮らしていくための生活費について考えていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。Twitter:まきあん