「おかずが冷食=手抜き」はもう古い!いま売れてる冷凍食品TOP10

昨年、あるツイートが論争を巻き起こした『冷凍ぎょうざは手抜き』問題。疲れていたことから、冷凍ぎょうざを夕飯に出したら、「冷凍は手抜き」といわれたのだそう。このツイートが話題となり、多くのニュースにも取り上げられました。

一般社団法人日本冷凍食品協会が、冷凍食品を利用する25歳以上の男女1,250人を対象に、2020年2月22日(土)~2月24日(月)に調査した「“冷凍食品の利用状況”実態調査」によると、冷凍食品を使う頻度は年々増加傾向にあるようです。それだけ、私たちの身近な商品となった冷凍食品。選ばれる理由は、ただ単に「手軽に食べられるから」だけではありません。

「時短」や「買い置きができる」という理由とともに「おいしい」商品が増えたことが、消費者の心を掴んだのでしょう。とくに手間のかかる“おかず”の冷凍食品は、忙しい人にぴったり。

そこで今回は、いま最も売れているおかずの冷凍食品TOP10をご紹介します。

いま最も売れている冷凍食品10~8位 

※TrueData「ウレコン」集計期間:2020年12月01日~2021年02月28日より

10位

大阪王将 ぷるもち水餃子 285g  平均価格 225円(税込)
プルプルもちもちの皮がクセになる水餃子。昨年リニューアルされ、タマネギ、ニンジンと国産野菜が追加されました。隠し味の味噌が、味に深みをプラスしています。アレンジの仕方も自由自在です。

9位

味の素 しょうがギョーザ 276g  平均価格 207円(税込)
ニンニク不使用で、代わりにショウガが効いている餃子。臭いが気にならないので、平日でも気軽に食べられます。原料の産地や製造工場が国内のため、安心感もありますね。

8位

味の素 エビ寄せフライ 5個入り 115g  平均価格 168円(税込)
プリプリのエビとふわふわの白身魚のすり身、そして枝豆がいいアクセントとなったエビ寄せフライ。自然解凍でもおいしく食べられるので、お弁当のおかずにぴったりです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。