「最後の貯めどき50代」みんなの貯蓄はどのくらいか

asalaa7777/shutterstock.com

私たちのセカンドライフに必要となるお金は、公的年金以外に2000万円、いえ、それ以上ともいわれます。

30代、40代の若い世代のみなさんにとっては、老後の話なんてまだまだ遠い先のことに思えるかもしれませんね。

住宅ローンや子どもの教育費が落ち着き始める50代以降に、貯蓄のピッチをあげて老後資金を準備していくつもり…というご家庭もあるでしょう。

人生100年時代。長いセカンドライフを見据えた資金形成はできるだけ早めにスタートすることがおすすめなのですが…。働き盛りの現役世代には、目前の出費のやりくりを優先せざるを得ないという時期もあるでしょう。

続きを読む

今回は、定年退職までのラストスパート、現役時代の集大成ともいえる50代の貯蓄事情についてながめていきたいと思います。

50代は「稼ぎどき」なのか?

さいしょに、50代の「稼ぎ」について触れておきましょう。

国税庁が公表している「民間給与実態統計調査(令和元年分)」(2019年)で、各業種の平均給与を追っていくと、「宿泊業・飲食サービス業」「電気・ガス・熱供給・水道業」以外の「最も高い平均給与」の年代は、すべて「50~54歳」「55~59歳」のいずれかとなっています。

多くの業界において、50代で給与額のピークを迎えている様子がうかがえます。

50代前後の「貯蓄額」

次に、金融広報中央委員会が公表した最新版「令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」から、50代前後の貯蓄額を見ていきます。

世代別「金融資産保有額」(金融資産非保有世帯も含む)

(参考)全世代・・・平均1436万円:中央値650万円

40歳代・・・平均1012万円:中央値520万円
  ↓
50歳代・・・平均1684万円:中央値800万円
  ↓
60歳代・・・平均1745万円:中央値875万円

平均、中央値ともに、40代から50代にかけてぐんと伸びていることが分かります。

「平均」と「中央値」

中央値は数値を小さい順、あるいは大きい順に並べた時、真ん中に位置する数値を表します。平均は、もちろん参考となる値ですが、一部の極端に大きい値に左右されるため、実感とかけはなれた数値になってしまうことがあります。よって、中央値の方が実勢により近い数値といえます。

次では貯蓄とセットで考える必要がある「負債(借入額)」についても確認し、純貯蓄額を算出していきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。