キャッシュレス化で注目クレカ市場、上位シェアの楽天カードと三井住友FGカードを徹底比較

年会費

次に、楽天カードと三井住友カード(NL)のそれぞれの会費をみていきましょう。

  • 楽天カード:永年無料
  • 三井住友カード(NL):永年無料

楽天カードも三井住友カード(NL)も会費は永年無料です。共に会費をきにせずに使用できるクレジットカードになっています。
※楽天ゴールドカード、三井住友カード ゴールドなどの種類を選択することで年会費がかかるものもあります。

還元率

続いて、最も重要な還元率をチェックしていきましょう。

通常決済時の還元率は以下の通り。

  • 楽天カード:1%(100円につき1ポイント)
  • 三井住友カード(NL):0.5%(200円につき1ポイント)

楽天カードが100円につき1ポイント、還元率が1%に対して、三井住友カード(NL)は200円につき1ポイントの0.5%。還元率に関しても楽天に軍配が上がりました。

ここからは、それぞれお得にポイントがつく店舗などでの還元率を紹介していきます。

楽天カード

  • 楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント+2倍

三井住友カード(NL)

  • コンビニ3社とマクドナルド利用時のポイントは+2%還元
  • Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレス利用時+2.5%還元(合計5%還元)
  • コンビニ・スーパー・ドラッグストア・カフェ・ファストフードなどから選択した3店が常時+0.5%還元(+0.5%=1.0%還元)

楽天カードは楽天市場での支払いでポイントが最大3倍になります。「楽天経済圏」で生活している人にとって楽天カードはポイントがためやすいクレジットカードであることは間違いありません。

一方、三井住友カード(NL)はコンビニ3社のセブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマートに加えてマクドナルドで+2%還元。さらに、Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレス利用時+2.5%還元なので、最大5%還元になります。

ポイントを効率よく貯められる場所の数に関しては、三井住友カード(NL)の方が多いです。Visaのタッチ決済やMastercardコンタクトレスを使用して+2.5%還元は大きいですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

専門学校を卒業後、印刷会社にてBtoB、キャリア代理店にてBtoCの営業を経験。その後、IT企業の営業職に従事。2年間の東日本と西日本を駆け回る生活を経て、「日本における働きがいのある会社」ランキングにもランクインしたベンチャーグループに入社。インサイドセールスを経験しながら、デジタル広告の運用を兼任した後、Webメディア立ち上げや運営に6年間従事。Webマーケティングが専門。現在は、LIMO編集部において、記事の執筆やコンテンツ作成を中心に行っている。映像音響処理技術者認定試験合格、舞台機構調整技能士3級、クレジットカードマニア、加熱式たばこ愛煙家