無印マニアがリピ買いする「本当は教えたくない」こだわりドレッシング3種

無印良品のドレッシング「まとめ」

今回取り上げた無印良品のドレッシング、リピ買いのポイントは以下です。

リピ買いポイント1:コスパを無視できるほどの味のよさ

気になるお値段は、いずれも290円。160ml入りなので、コスパを考えると実はそれほどいいわけではありません。スーパーには2倍近くの量で同じ価格帯のドレッシングもあります。なのでこのドレッシングに関しては、コスパを無視した方が美味しくいただけます。味がいいというのはリピ買いをする基本ですが、このドレッシングは病みつきになる美味しさなのです。

リピ買いポイント2:短期間で使い切れるサイズ

開封後に早めに使い切りたいならば、ちょうどいいサイズ感です。大容量のドレッシングは使い切るまでに時間がかかったり、結局使い切れなかったということもあります。それではもったいないので、きちんと使い切れるサイズを選ぶのも買い物の視点の1つになってきます。

リピ買いポイント3:素材の味がしっかりしている

化学調味料不使用なので、素材の味を楽しめます。にんじん、レモン、トマト、それぞれも旨味、甘味などが感じられるドレッシングです。ここまで素材の味がしっかりしているドレッシングは、そう多くないでしょう。

コスパ重視の買い物をする一方で、コスパを無視して買ってしまうものもあります。それが無印良品の魅力でもありますよね。価格が安くてコスパ最高!というものに加えて、プチ贅沢なものも取り入れていくのもいいかもしれませんね。

無印良品のドレッシング、バリエーションも豊富

無印良品には、今回紹介したドレッシングの他にも、同じシリーズで「たまねぎのドレッシング」があります。また「有機ノンオイルトレッシング とまと」「有機ノンオイルドレッシング かぼちゃ」「有機ノンオイルドレッシング さんしょう」「有機ノンオイルドレッシング たまねぎ」など、ノンオイルタイプも揃っています。ノンオイルタイプは200ml入りで税込756円です。


普段はコスパ重視の買い物をする一方で、コスパを無視して買ってしまうものもあります。それが無印良品の魅力でもありますよね。価格が安くてコスパ最高!というものに加えて、プチ贅沢なものも取り入れていくのもいいかもしれませんね。

OneMile セミナー

参考資料

川崎 さちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ