国民年金・厚生年金、もうすぐ65歳の人に届く「年金請求書」

「65歳になるまで」はどうしたらいいの?

冒頭で、国民年金・厚生年金ともに老齢年金の受給は「原則」65歳から、とお伝えしました。

年金保険料の納付が終わる60歳から、年金支給がスタートする65歳までの間(特別支給の老齢厚生年金対象者は、該当する年齢に達するまで)は「待機期間」となります。

「じゃあ、60歳で定年退職したあと、65歳までの生活をどうすればいいのか?」という質問が出てきそうですね。

そこで、いくつか考えられる方法・しくみを見ていきましょう。

「前倒しで年金を受け取る」繰上げ受給

60歳以降、65歳になるまでの生活に不安を感じた場合、「繰上げ受給」の申請を行い、60歳~64歳までの間に前倒しで年金受給をスタートすることも可能です。

ただし、繰上げ受給をした場合の年金額は減額となり、その減額率は65歳以降も一生涯変わりません。また、万が一のときに原則、障害年金を受け取ることができなくなります。

また、いったん繰上げ申請をすると変更や取り消しができませんので、安心面でのメリット、受給額の面でのデメリットなどを踏まえたうえで慎重に判断されることをおすすめします。

「特別支給の老齢厚生年金」

厚生年金の支給開始年齢はかつての「60歳」から段階的に引き上げられ、2021年現在は国民年金と同じ65歳からとなっています。

その経過措置として、以下の条件にすべて当てはまる人は、65歳まで「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができます。

■以下の日以前に生まれている

男性…1961年4月1日
女性…1966年4月1日

■老齢基礎年金の受給資格期間(10年)がある
■厚生年金保険等に1年以上加入していた
■60歳以上である

支給開始年齢は生年月日によって変わりますので、ご自分がいつから支給されるかを確認しておく必要があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。