国民年金・厚生年金、もうすぐ65歳の人に届く「年金請求書」

もうすぐ65歳の人に届く「年金請求書」

ここからは、老齢年金を受け取る手続きについて整理していきます。

「年金請求書」

はじめて年金を受け取る場合、65歳になる3カ月前に日本年金機構から「年金請求書」が郵送されます。

この書類には、年金の支給開始年齢になり受給権が発生した人の基礎年金番号や氏名、住所などが印字されています。

そこに必要事項を記入し、必要書類(戸籍謄本など)とともに、

年金事務所へ郵送
年金事務所や「街角の年金相談センター」の窓口に提出

となります。

年金請求書が提出できるようになるのは、年金の受給権が発生してから。つまり「年金の支給開始年齢に到達した日(誕生日の前日)」以降となります。

「特別支給の老齢厚生年金」を受け取っている場合は要注意!

先述の「特別支給の老齢厚生年金」を受給している場合、65歳になったときに再度年金請求書を提出する必要があります。

「特別支給の老齢厚生年金(64歳まで)」と「本来支給の老齢年金(65歳以降)」は年金の種類が異なるためです。

「特別支給の老齢厚生年金」を受給している場合、年金請求書は「65歳になる誕生月の初旬(1日生まれの場合は前月の初旬)」に届きますので、必ず提出しましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。