50代「みんなの貯蓄事情」平均・中央値・前年比

Vitya_M/shutterstock.com

50代はキャリアの集大成、そして収入のピークを迎える人が多い時期。

この4月に改正高年齢者雇用安定法がスタートし、はたらく側が希望すれば70歳まで雇用する機会を確保することが努力義務として企業に義務付けられました。

とはいえ、延長雇用・再雇用・再就職いずれの選択肢を選んだ場合も、現役世代よりも収入が下がることは避けられないと考える方がよいでしょう。

こうした背景からも、50代を定年退職までのラストスパートの時期と位置付ける考え方が一般的かもしれませんね。

続きを読む

先行きの見通しが立ちにくいコロナ禍。今回は50代世帯の貯蓄事情の変化を見ていきたいと思います。

50代の貯蓄事情「コロナ前後でどう動いたか」

ここからは、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」の、令和元年(2019年)、および令和2年(2020年)の結果から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大前後の、50代の貯蓄事情を比較していきます。

50代・二人以上世帯「金融資産保有額」(金融資産を保有していない世帯を含む)

平均値

2019年:1194万円→2020年:1684万円【前年比141%】

中央値

2019年:600万円→2020年:800万円【前年比133%】

平均値で前年比141%、中央値で133%となっています。

【平均値と中央値】
中央値とは、データを小さい順、あるいは大きい順に並べたとき、ちょうど真ん中にくる値を指します。平均値は極端に大きな数値に左右されやすいため、中央値の方がより実勢に近い数値と言えるかもしれません。


では、同様に金融資産の保有割合の変化も見てみたいと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。