子育て家庭の節約にも効く、Z世代の堅実なお金の使い方とは

また、SNSではしばしばDIYしたものが紹介されています。これまでのDIYは、ある程度のDIYの知識や技術をもち、まとまった時間が取れる人でなければできないものでした。しかし現在は100均などで安価に、かつ様々なサイズ展開や色の中から材料を選び、比較的簡単に短時間でのDIYが可能です。

Z世代は「完成品を買うのではなく、DIYできないか」と考えたり、「DIYした方が自分好みのものができる」とも考えているようです。筆者はDIYが得意ではないですが、SNSのDIY投稿を見ていると、DIYした方が格段に安いものや、自分の好みにアレンジできるもの、かゆいところに手が届くようなものがあるのがわかります。

実際に100均のワイヤ―ネットでカフェ棚を作ってみましたが、簡単で安いだけでなく、楽しさも感じました。DIYが好きな人ならなおさら、DIYで節約しながら楽しむことができるでしょう。

自分に合ったサービスを利用しながら節約を

育った時代の環境で価値観が異なるのは、ある意味当然のこと。どちらが良いというわけではありませんが、若い世代の合理的な視点を取り入れることで、お得にも楽しみにもなることを実感しました。

ただ、重要なのは自分の生活や消費傾向、嗜好に合っているかをまず考えること。自分に合った新しい節約方法を取り入れていきましょう。

OneMile セミナー

参考資料

西谷 都

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。大学卒業後、金融機関の営業職として勤務した経験を生かし、女性のキャリアとお金について勉強を重ねつつ執筆活動をしている。2児を育てるシングルマザー。シングルマザーでも無理をせず、育児も仕事も楽しむ生活を実践中。