子育て家庭の節約にも効く、Z世代の堅実なお金の使い方とは

固定費や食費の節約など、既にある程度節約はしているものの、「もっと節約できるところはしたい」と思うことはありますよね。筆者は30代半ばですが、現在の10代〜20代前半の消費傾向を見ていると、自分たちの世代よりも堅実な印象があります。

1996年~2012年頃に生まれたこの世代は「Z世代」といわれ、お金に対して保守的で、とても現実的なのだとか。今回は、SMBCコンシューマーファイナンスの「20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査 2020」の結果も参考に、ひと世代上の「ミレニアル世代」である筆者が、Z世代に学んで始めた節約を紹介します。

続きを読む

「ミレニアル世代」「Z世代」って何?

まずはこの2つの世代の違いについて見てみましょう。ミレニアル世代はZ世代の前、1981年~1995年頃に生まれた世代を指します。ミレニアル世代はY世代ともいわれ、年齢的には現在の20代後半~30代にあたります。

ミレニアル世代もZ世代も、子供〜学生時代からネットやスマホ、ゲームといったツールを使いこなす”デジタルネイティブ”。特にZ世代は、生まれた頃からデジタル環境が当たり前という中で育ち、スマホネイティブやSNSネイティブともいわれます。

モノは持たない。サブスクやシェアサービスを利用

ミレニアム世代の親の時代は、マイホームを持ち、マイカーを持ち、ブランド志向でもありました。そうした親に育てられたミレニアム世代は、マイホームやマイカーは当たり前で、モノを持つことへのこだわりが大きい人も少なくありません。

一方、「モノを持たない」ことを良しとする価値観が若い世代を中心に広まっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。大学卒業後、金融機関の営業職として勤務した経験を生かし、女性のキャリアとお金について勉強を重ねつつ執筆活動をしている。2児を育てるシングルマザー。シングルマザーでも無理をせず、育児も仕事も楽しむ生活を実践中。