子育て家庭の節約にも効く、Z世代の堅実なお金の使い方とは

また、AmazonPhotosは無制限で写真の保存が可能ですし、Prime Musicで音楽も聴けます。これらが揃って年間プラン4,900円(税込)か、月間プラン500円(税込)というのは子育て世帯にはありがたいでしょう。

コンタクトのサブスクも利用していますが、破損や紛失で困った際、すぐに届けてもらえるので助かります。サブスクのメリットはコスパだけでなく、郵送してくれるため時短になるという面にもあります。

さらに、たとえば洋服でも「買ったけれど手持ちの服と合わない服」や「捨てられない何年も前の服」など、無駄遣いになったり、タンスの肥やしとなってスペースを取ってしまうものもあります。これも洋服のサブスクを利用することで節約や省スペースにつなげられると感じています。

現在は日用品や食品、化粧品や洋服のサブスクも広がっているので、利用頻度・購入する場合の金額の高さ・ライフスタイルなどに合わせて、サブスクを節約に活用できるのではないでしょうか。

コスパ重視は基本、DIYできないかも考える

コスパの追求やDIYに積極的なのもZ世代に特徴的な傾向です。ミレニアム世代もコスパを気にしましたが、Z世代は口コミや価格比較サイト、フリマアプリを駆使し、コスパを調べて購入することは当たり前。

こうした視点を取り入れ、筆者も価格比較やフリマアプリを利用するようになりました。これだけでも、より安く購入できるため、お得感を感じています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。大学卒業後、金融機関の営業職として勤務した経験を生かし、女性のキャリアとお金について勉強を重ねつつ執筆活動をしている。2児を育てるシングルマザー。シングルマザーでも無理をせず、育児も仕事も楽しむ生活を実践中。