元銀行員が分析「節約好きな人は本当は貧乏?」陥りやすい罠とは

Nataba/iStock

お金の中でも関心が高く、お金を貯めるために誰でも取り組みやすいのが「節約」です。

「節約」自体は悪いことではありません。

しかし、節約の意識が強くなりすぎると、それがかえってお金を減らしてしまう原因になる場合もあります。

今回は節約好きな人は本当は貧乏なのか?陥りやすいワナについて、元銀行員の視点でお伝えしていきたいと思います。

世代別貯蓄額、50歳未満は負債が貯蓄を上回っている

まずは節約について考えるにあたり、今の各世代の貯蓄の状況を確認しておきましょう。

続きを読む

総務省の「家計調査報告「 Ⅲ.世帯属性別にみた貯蓄・負債の状況」(二人以上世帯のうち負債保有世帯)」によると、貯蓄額は以下の通りです。

純貯蓄額(貯蓄現在高-負債現在高)(万円)

〈2019年〉

  • 全世代・・・-351
  • 40歳未満・・・-1497   
  • 40歳~49歳・・・-746
  • 50~59歳・・・66
  • 60歳以上・・・709

〈2018年〉

  • 全世代・・・-311
  • 40歳未満・・・-1444 
  • 40歳~49歳・・・-809
  • 50~59歳・・・151
  • 60歳以上・・・736

〈2017年〉

  • 全世代・・・-237
  • 40歳未満・・・-1360 
  • 40歳~49歳・・・-705
  • 50~59歳・・・255
  • 60歳以上・・・743

全世代平均で負債が貯蓄を上回りマイナスとなっています。特に50歳未満の世帯ではその傾向が顕著で、毎年マイナス幅が増加傾向にあります。

また、現在50代の方はかろうじてプラスではあるものの年々プラス幅が小さくなっており、遠くない時期にマイナスに転じることも考えられます。

お金の管理は全世代の共通課題と言えるのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮澤 顕介

明治大学商学部卒業後、みずほ銀行、オリックス等をはじめとした金融機関で勤務。現在は、一種外務員、生命保険募集人、FP2級等の資格を保有し、ファイナンシャルアドバイザーとして活動。個人向けマネーセミナーでも登壇。長期・分散・つみたて投資の重要性を発信するとともに医療保険の見直しも得意としている。