スーツ、靴、パソコン…大学入学の準備「想定外な出費」総額とは?

お子さんの受験が終わり無事合格してホッとしたのも束の間「合格して嬉しいけど、予定外の出費が思いのほか多くて…」とお嘆きのお母さんも多いのではないでしょうか?大学入学の際の予定外の出費、どんなものに一体いくらかかっているのでしょうか?

大学入学前後にかかる出費は約250,000円⁈

全国大学生活協同組合連合会が2020年に入学した新入生の保護者20,347名に実施した「2020年度保護者に聞く新入生調査の概要報告(2020年4~5月に実施)にある「入学までにかかった費用・私立計」を見てみましょう。

A.出願をするためにかかった費用:150,800円
B.受験のための費用:46,900円
C.学校納付金①入学した大学:935,200円②入学しなかった大学:294,100円
D.合格発表や入学手続きのための費用:24,700円
E.入学式出席のための費用:45,200円
F.教科書・教材購入費用:178,400円
G.住まい探しの費用:256,600円
H.生活品購入費用:157,600円
I.その他の費用:152,800円

合計1,887,500円

受験料や入学金、授業料は大学案内にあるので予算化できますが、下記内容まで気が回らなかったという方も多いのではないのでしょうか?

D.合格発表や入学手続きのための費用(交通費/宿泊費):24,700円 
E.入学式出席のための費用(交通費/宿泊費/手土産代/お礼/その他):45,200円
F.教科書・教材購入のための費用(パソコン/教科書/電子辞書/教材/その他
):178,400円

※D. E. F.合計でなんと248,300円、約250,000円の予定外の出費を覚悟せねばなりません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
堀田 馨

東京出身で大学卒業後、営業や販売、医療系ライターを経てフリーランスライターに。現在、「主婦のお金に関する悩み」を支える記事を多数のメディアで掲載。中高生3人の娘を持つフリーランスライター。進学や教育に、老後のお金やノウハウまで、主婦が遭遇するお金の問題について執筆しています。「困った!をやっつける」「中学生でも分かる文章」をモットーに、世間のママが困らない書き方を心がけています。運営サイト:三姉妹の母の「楽しんだもん勝ち」LIFE