老後の入り口60代、みんなの貯蓄額はいくらか

Nataba/iStock

60代は定年退職を迎える年代です。ここが老後の入り口、60代からは長い老後生活の幕開けとなります。

現役時代の頃のような収入は見込めず、ここからは年金収入が主な収入源になります。

令和元年度の厚生年金の平均年金月額は全体で14万4268円、うち男性が16万4770円、女性が10万3159円です。

現役時代に手取り30万円程度で生活していた人は、およそ半分の収入で生活しなければいけません。

このため、ゆとりのある老後を待ち望む人がいる一方で、長い老後生活、お金の不安でいっぱいという人も少なくないのではないでしょうか。

続きを読む

私は大学卒業後、信用金庫での勤務経験があり、FPの資格を持つファイナンシャルアドバイザーとして、多くの方のファイナンシャルプラニングに関わってきました。

そこで、今回は定年後60歳代の貯蓄額に潜む老後の落とし穴について見ていきたいと思います。

60歳代の平均貯蓄額と中央値はいくらか

それでは早速還暦60代の平均貯蓄額を確認したいと思います。

金融広報中央委員会公表の「令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」によると、金融資産を保有していない世帯を含む60歳代の平均貯蓄額と中央値は以下の通りです。

平均貯蓄額:1745万円
中央値:875万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。