年齢別の貯金額を比較「お金が貯まる人・貯まらない人の差」

Nataba/iStock

同年代でも貯蓄が多い人もいれば、ゼロの人もいたり、貯蓄額は人により様々です。

人によって収入は異なりますから、貯蓄額が異なるのは当たり前ですが、理由は本当にそれだけなのでしょうか。

私は以前、生命保険会社に勤務しており、マネーセミナーの講師やマネープランニングのアドバイザーとして1000人以上のお客様の相談を受けてきました。

なかでも多かったのが貯蓄に関する悩みで「リターンがよい金融商品はありますか」「どれくらい増えますか」という質問を多く受けました。

続きを読む

今回は多くの方が気になる貯蓄について年齢別の貯蓄額、お金が貯まる人・貯まらない人の差について見ていきたいと思います。

年齢別貯蓄額はいくらか

金融広報中央委員会実施の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」から、年齢別の貯蓄額を見てみましょう。

金融資産保有額(金融資産保有世帯)

〈平均〉

  • 20歳代:350万円
  • 30歳代:644万円
  • 40歳代:1177万円
  • 50歳代:1955万円
  • 60歳代:2154万円
  • 70歳代:2208万円

〈中央値〉

  • 20歳代:235万円
  • 30歳代:423万円
  • 40歳代:686万円
  • 50歳代:1000万円
  • 60歳代:1465万円
  • 70歳代:1394万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。