脂が乗った40代「ホントの貯蓄額」平均はいくらか

KieferPix/shutterstock.com

コロナ禍で迎えた2度目の春。

現役世代の「仕事」「お金」を取り巻く環境は激変しています。

先行きの見えない今、ご自身や家族の将来について漠然とした不安を感じていらっしゃる人も多いかと思います。

さらにいうと、老後生活に入るまでに着実までにしっかりと貯蓄をしておきたいというのは、世代を超えて共通の悩みともいえるかもしれませんね。

さて、「40代」というと、仕事や家庭において責任ある立場を任される場面が増える時期。

続きを読む

公私ともに、まさに「脂が乗った」毎日を慌ただしく過ごされている人も多いかと思います。

同時に、住宅ローンやお子さんの教育費などの負担が増える中、介護保険料が徴収されるようになるなど、「出ていくお金」が実に多い年代であるといえるでしょう。

今回は、『脂が乗った40代「ホントの貯蓄額」平均はいくらか』と題して、40代の貯蓄や借入金といったお金事情をのぞいていきます。

40代の「金融資産」はどのくらいか

まず、40代のお金事情をながめるまえに、金融広報中央委員会が公表した、最新版「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]令和2年(2020年)調査結果」から、金融資産保有額(全ての世代)を知っておきましょう。

金融資産保有額(20歳代~70歳以上)

平均・・・1436万円
中央値・・・650万円

※金融資産非保有世帯を含む

では、ここからは40代のお金事情について深掘りしていきます。

40代の金融資産保有額

働き盛りの40代の二人以上世帯の金融資産保有額は以下の通りです。

  • 平均・・・1012万円
  • 中央値・・・520万円

※金融資産非保有世帯を含む

では、この平均額1012万円を、40代はどのような種類の金融商品で保有しているのでしょうか。

40代の「種類別金融商品保有額」

金融資産保有額・・・1012万円

預貯金(うち運用または将来の備え)・・・473万円

  • うち定期性預貯金・・・198万円

金銭信託・・・0万円
生命保険・・・238万円
損害保険・・・29万円
個人年金保険・・・81万円
債券・・・5万円
株式・・・105万円
投資信託・・・27万円
財形貯蓄・・・46万円
その他金融商品・・・8万円

40代の金融資産のほぼ半分を、預貯金(約47%)が、ついで約4分の1を生命保険(約24%)が占めていることが分かりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。