老後破産のおそれも?65歳以降も住宅ローン返済が残る人の末路

35年の住宅ローンを組んで貯蓄はできるのか

マイホーム購入にあたって住宅ローンを組む際、「35年返済」を選択する人も多いのではないでしょうか。しかし、35歳から開始すると完済は70歳、40歳から開始なら75歳です。多くの金融機関では「年齢80歳」などの制限を設けていますが、実際80歳になるまで同じペースで返済を続けていけるかどうかは収入や貯蓄の有無によります。

「働いているうちにしっかり貯蓄をして、定年までに繰り上げ返済すればいい」と考える人も少なくないですが、実際は子どもの教育費や固定資産税などさまざまな支出が多くなり、想像以上に貯蓄が難しくなるケースも多々あります。
また、「退職金があるからそこで一括返済しよう」と考える人もいますが、実際自分が定年を迎えたときにどのくらい住宅ローンが残っているのか、そしていくらくらいの退職金が出るのかをしっかり把握している人はそこまで多くないようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

IT企業の金融系子会社で債務整理に関わる業務に携わり、さまざまな人間模様を垣間見てきました。出産後はフリーライターとして活動中。生活を締め付けない節約ライフを目指して、暮らし・育児・お金に関わる情報を発信していきます。