ザ・ノース・フェイス強し! ゴールドウイン、アウトドアが絶好調

AnkaFed / Shutterstock.com

昨年の春、といえば初の緊急事態宣言の下で大規模な商業施設が続々と臨時休業し、東京ディズニーランドも休園に踏み切るなど、レジャー分野全体に暗雲が立ち込めていたような印象があります。

しかしアウトドア関連の企業の中には、一時的な落ち込みの後、好調に転じたところも少なくありません。

スポーツアパレルメーカーのゴールドウイン(8111)もその一つです。年度後半からアウトドア関連の販売を大きく伸ばし、今期第3四半期累計(4〜12月)のアウトドア関連売上高は過去最高を記録しました。この勢いは来期も続くのでしょうか。

続きを読む

3密を避けられるレジャーとして人気のアウトドア

アウトドアレジャーは、3密を避けやすいことから心理的なハードルも低く、コロナ禍の中で急速に人気が高まりました。

企業の業績にもそれが表れています。例えば、釣り・サイクリング用品を製造するシマノ(7309)は2020年12月期の連結業績で増収増益を記録。キャンプ用品などを販売するスノーピーク(7816)も、2020年12月期の売上高が前年比2ケタ増、当期純利益は3ケタ増と好調でした。

近年成長を続けているゴールドウインも、アウトドアへの追い風を受けましたが、昨春のコロナ感染拡大期に直営店の多くを一時休業したことが響き、2021年3月期は減収減益の見込みです。とはいえ、新たな顧客層の発見やECサイトのリニューアル効果など、今後に活かせる収穫もあったようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

化学メーカー勤務の研究開発職。総合化学専攻 修士。平日は研究に没頭し、休日は資格を活かした副業と株式投資を行う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「株の窓口」に寄稿。ファイナンシャルプランナー2級、簿記2級。株式投資歴6年、趣味は街歩きと読書。