Clubhouseはmixi的なものへの回帰か?中国へのデータ送信の実態も整理

pcruciatti/Shutterstock.com

招待制音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」にまつわるニュースが日本でも報道され、盛り上がりを見せています。「招待制」というところから、かつて日本で人気だったSNS「mixi(ミクシィ)」との類似性を指摘する意見も見られます。実際にClubhouseとmixiは似ているのでしょうか。Clubhouseとmixiの仕組みの比較を行い、Clubhouseの「中国へのデータ送信」についても概説します。

続きを読む

Clubhouseのユーザー数推移

Clubhouseの開発・運営元は「Alpha Exploration Co.」という企業ですが、Clubhouseの公式ページ以外は企業のサイトと呼べるものが存在せず、「公式発表がない」という状況です。

今のところ、アプリマーケティングツールを提供するAppAnnieのレポートが最も信頼できる情報源となっています。グラフと説明文を要約すると下記の通りになります。

<ユーザー数推移>

  • 2020年4月頃:米国で約5000ダウンロード(Techcrunchより)
  • 2020年12月6日:ダウンロード数の拡大が始まる
  • 2021年2月1日:全世界で350万ダウンロード
  • 2021年2月16日:全世界で810万ダウンロード(うち米国で260万ダウンロード)

上記からわかるのは、Clubhouseが急激にダウンロード数を伸ばしたのは昨年末~今月にかけてということです。現状はiPhone(iOS)でのみ提供ということもあり、Androidにも対応しているアプリと比べてダウンロード数の増え方が緩やかになっています。

「2020年に世界で最もダウンロードされていたアプリ」のランキング(Apptopia調べ・iOS/Android合算)と比較すると、

  • TikTok:8億5000万ダウンロード
  • WhatsApp:6億ダウンロード
  • Facebook:5億4000万ダウンロード
  • Instagram:5億300万ダウンロード
  • Zoom:4億7700万ダウンロード

と「億単位」の規模となっており、Clubhouseの拡大はまだまだ限定的であることがわかります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
當瀬 ななみ

東京大学文学部卒。大学卒業後、株式会社カヤックなどの複数のソーシャルゲーム企業でゲームの企画や運営・KPI分析に従事。現在はwebサービス・アプリを運用する、東証一部上場の事業会社に勤務し、サービス企画・ディレクション・KPI分析・担当サービスのP/L管理に従事。業務の一環として官公庁の統計データ分析・企業の決算分析などを行っていたことから、経済メディアに寄稿多数。webサービス・アプリの実績を分析し、それらが及ぼす影響についての解説記事を執筆。