老後不安を解消する資産運用「なぜ投資信託が良いのか」

AegeanBlue/iStock

公益財団法人「生命保険文化センター」が行った「生活保障に関する調査(令和元年度)」によると、自分の老後生活に「不安感あり」と回答した人の割合は84.4%と、非常に多いことが分かります。

また、老後生活に対する不安の具体的な内容をみると、「公的年金だけでは不十分」と回答した人が82.8%と最も多く、「自助努力による準備が不足する」が38.5%、「貯蓄等の準備資金が目減りする」が16.0%などという結果になっています。

続きを読む

多くの人が老後に不安を感じている一方で、老後の生活費を自助努力で準備している人はどれくらいいるでしょうか。

毎日の生活の中でまだ先の老後に備えるほど余裕がないと思っている人が多いと思います。

しかし、働いている内にしっかりと準備をしていたかどうかで老後生活が大きく変わると言っても過言ではありません。

ゆとりのある老後を迎えたい人は、今から準備が必要です。

私は大学卒業後、信用金庫での勤務経験があり、FPの資格を持つファイナンシャルアドバイザーとして、多くの方のファイナンシャルプラニングに関わってきました。

そこで今回は老後が不安な人へ、資産運用のメリットについてご紹介したいと思います。

投資とは何か

「投資」という言葉にネガティブなイメージを持つ人は多いかもしれません。または「楽をしてお金儲けをする」というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

このイメージは、全く間違っているとは言えません。

基本的に投資とは「お金に働いてもらうこと」だと言われています。

最近は預貯金に、ほとんど金利がつかない超低金利状態が続いています。お金を寝かしておくだけでは増えない時代になってしまいました。

投資を取り入れることで、お金に働いてもらい、お金がお金を生む仕組みをうまく作ることができます。

逆に言うと、投資を取り入れなければ、老後資金を効率的に増やせる可能性も低くなってしまいます。

投資とうまく付き合う必要があるのは、お分かりいただけると思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。