上司や客先の「やる気が急降下した」叱り方、意欲を出させる伝え方

長引くコロナ禍で、あらゆることが例年とは異なる状況にありますが、間もなく新入社員を迎えるという職場もあるでしょう。

そんな職場の上司や顧客から注意を受けたとき、同じ問題であっても、やる気が急降下してしまうこともあれば、逆に「頑張ろう」という意欲につながることもあるのではないでしょうか? 接客改善業務に携わる筆者は、職場のコミュニケーション問題についてもさまざまな事例を見聞きします。

そこでこの記事では、「やる気が急降下した叱り方」の実例をもとに、どういったケースでやる気が削がれやすいのかをまとめてみました。また、叱られてやる気が出たという実例については、心理面から「やる気を削がない上手な伝え方」について考察します。

続きを読む

やる気が失せた叱られ方

叱られてやる気を削がれたというケースを見てみると、「理不尽な叱られ方をした」や「辱めを受けたと感じた」というパターンがほとんどでした。

割に合わない要求で叱られる

給料や報酬に見合わない要求で叱られるというのは、不信感が芽生えて仕事への意欲も低下してしまうものです。

40代女性・フリーランスライター

「1,000文字程度の契約だったため、1,000文字を少し超える内容で提案したところ「内容が薄い」と叱られました。他のライターが書いた3,000文字ほどの記事を参考に送ってきて「これぐらいのボリュームで書いてください」と要求されたので、契約解除を申し出ました」

20代男性・WEBデザイナー

「ものすごい仕事量を押しつけてきて、できていないと上司から叱られる毎日。「残業はしないように」と、タイムカードを定時で押すように圧をかけられるし、睡眠不足で体力も気力も限界寸前だったとき、警備員の人が残業をリークして上層部の知るところに。

すると、圧をかけてきた上司は驚くことに、「Yくんが勝手に残業を…」と罪をなすりつけてきたんです。他にも同じような被害者がいたため、真実がわかって上司は左遷。職場は平和になりましたが、仕事への意欲は低下したままです」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

3人の子ども(21歳・17歳・8歳)のシングルママ。現在は、ライター業務を中心に、接客改善業務にも携わり全国を回っている。接客改善業務の経験や金融会社での勤務経験、自らの人生経験なども交えつつ、読者の暮らしに役立つリアルな情報提供を心がけている。コミュニケーションやお金に関する記事のほか、レジャーや旅、インタビュー記事など幅広く執筆中。