60代のお金事情「定年退職金」はいくらもらえるのか

VAlekStudio/shutterstock.com

2月も今週で終わり、いよいよ来月から3月ですね。春の訪れとともにやってくるのが出会い、そして別れです。

この春から新しい職場で再出発をされる人もいるでしょう。また長年勤めた職場を去り、第二の人生を歩まれる人もいるかもしれません。

退職するときに受け取る退職金。老後の生活の支えにもなる大切なものですから、どのくらいもらえるのか気になるところですね。

そこで本日は「60代のお金事情」と題し、定年で退職した場合に受け取れる退職金について調べてみました。さっそくみていきましょう。

続きを読む

退職金の平均給付額はいくらか

厚生労働省が公表している「平成30年就労条件総合調査 結果の概況」より、定年退職者の1人平均退職給付額(勤続20年以上かつ45歳以上の退職者)をみていきます。

定年退職

  • 大学・大学院卒(管理・事務・技術職)・・・1983万円
  • 高校卒(管理・事務・技術職)・・・1618万円
  • 高校卒(現業職)・・・1159万円

学歴によって大きく異なりますが、大学・大学院卒の場合ですと、2000万円近くの退職金がもらえそうです。

上記にはありませんが、退職金は早期優遇や会社都合になると、定年退職金以上の金額が支給されるようです。

例えば、大学・大学院卒の場合ですと、会社都合では2156万円、早期優遇では2326万円となっており、約200~300万円が上振れして給付されるようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
土屋 史恵
  • 土屋 史恵
  • ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用

神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命保険、りそな銀行、東京スター銀行で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER)、一種外務員(証券外務員一種)等の資格を保有。