「老老格差のピンとキリ」70代以降の貯蓄事情

Sonsedska/shutterstock.com

copy URL

趣味を満喫したり、旅行を楽しんだり、孫にたくさんおこづかいをあげたり…

悠々自適な生活を送っているイメージを持たれることも多い70代。しかし、なかには十分な老後資金を用意していないままセカンドライフに突入する人も少なくないようです。

実際のところ、本格的な老後生活を送る世代のみなさんはは、どのくらいの貯蓄をもっているのでしょうか。70代以上のお金事情について、詳しくみていきましょう。

70代貯蓄額の平均は?

続きを読む

ではさっそく、70代以上の貯蓄額の平均をみていきます。総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」で示されている「70代以上の貯蓄の種類別貯蓄現在高(二人以上の世帯、2019年)」は、以下の通りです。

金融機関

  • 通貨性預貯金・・・580万円(25.8%)
  • 定期性預貯金・・・962万円(42.7%)
  • 生命保険など・・・352万円(15.6%)
  • 有価証券・・・347万円(15.4%)

金融機関外・・・11万円(0.0%)

※四捨五入の関係上、合計100%になっていません

これらすべての合計は、約2252万円となります。こうみると、「悠々自適な生活」のイメージに一致している感もありますが…。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。