「老老格差のピンとキリ」70代以降の貯蓄事情

「老老格差」のピンとキリ

さて、先述の金額は、あくまでも70代以上の「平均」貯蓄額です。すべての70代以上の人が、実際に2000万円以上の貯蓄をもっているわけではありません。

では、人によってどのくらいの差があるのでしょうか。ここで、まずは「二人以上の世帯のうち、世帯主が60歳以上の世帯」における、貯蓄額の分布をみてみましょう。

  • 100万円未満・・・8.5%
  • 100万~200万円・・・3.9%
  • 200万~300万円・・・3.4%
  • 300万~400万円・・・3.7%
  • 400万~500万円・・・3.2%
  • 500万~600万円・・・4.1%
  • 600万~700万円・・・3.5%
  • 700万~800万円・・・2.8%
  • 800万~900万円・・・3.1%
  • 900万~1000万円・・・2.3%
  • 1000万~1200万円・・・6.0%
  • 1200万~1400万円・・・4.8%
  • 1400万~1600万円・・・4.0%
  • 1600万~1800万円・・・3.8%
  • 1800万~2000万円・・・3.3%
  • 2000万~2500万円・・・7.5%⇐70代以上の平均貯蓄額(2252万円)
  • 2500万~3000万円・・・6.2%
  • 3000万~4000万円・・・8.5%
  • 4000万円以上・・・17.3%

なお、貯蓄保有世帯の中央値は1506万円、平均値は2285万円です。

3000万円や4000万円といった金額に目が行きがちですが、その反対に貯蓄額が少ない層も存在します。なかには、100万円未満の貯蓄で老後生活を送っている世帯も。お金に不自由のない生活を送っているイメージのあるシニア世代ですが、老老格差が広がっているのが現状のようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。