人気の「無印マスク」最新マスクを含め3種類を使ってみた

乾きやすさ

「三層マスク」と「フランネルマスク」は綿素材なので、速乾性はありません。特に縫い目の部分は乾きにくいので、天気が悪いと朝洗って翌日の朝まで部屋干しをするイメージです。

(上)『繰り返し 使える 2枚組・三層マスク』と(下)『繰り返し 使える 2枚組・マスク(フランネル)』縫い目が乾きにくい場合も(筆者撮影)

「最新マスク」は速乾性があるので、天気が良くて風がある日はすぐに乾きます。ただ干しやすさでいうと、「三層マスク」と「フランネルマスク」の方が長方形の形をしているので干しやすいと思います。

「最新マスク」の場合、耳にかける部分を洗濯バサミで挟むのですが、そこだけ劣化しそうでちょっと不安です(このような形のマスクを干せるハンガーもあるので、それを買うか検討中です)。

洋服との合わせやすさ

ファッションの面から見た場合、「三層マスク」と「最新マスク」は色がベーシックで柄もありません。そのためどんな洋服にも合わせることができます。「フランネルマスク」は、もともとフランネルシャツを作った時の残りの生地で作っているので、生地の質感が秋冬向けです。

筆者が使っている「フランネルマスク」は、色も暖かみがあるような印象なので、ファッションの一部として取り入れるなら秋冬でしょうか。

コスパ

それぞれのマスクの値段は以下の通りです。

  • 「三層マスク」:500円(2枚で999円)
  • 「フランネルマスク」:500円(2枚で999円)
  • 「最新マスク」:390円

(すべて税込価格)

洗濯耐久性は、「三層マスク」と「フランネルマスク」は30回、「最新マスク」は50回と書かれています(手洗いの場合)。ここから1回使った時のコストを割り出すと

  • 「三層マスク」:約17円
  • 「フランネルマスク」:約17円
  • 「最新マスク」:7.8円

最もコスパがいいのは、「最新マスク」ということがわかります。

まとめにかえて

マスクの選び方には人それぞれいくつかのポイントがあると思っていて、筆者の場合は柄で決めてしまうこともあります。好みの柄があるとついつい買ってしまいます。そのためマスクの数が増えてしまっているのですが、一方でいつでもどこでも使えるシンプルなマスクも必要だろうと考えています。

例えば卒業式や入学式など厳格な式のときには、シンプルなマスクなら場違いになりません。加えて、肌への負担も気になるところ。「なんだか痛いな」と思いながらつけるのは嫌ですよね。そして何より値段です。マスクは試着ができないので、ある意味チャレンジになります。無印良品のマスクをコスパで選ぶのも手かなと、お金にうるさい筆者はついつい思ってしまうのです。

OneMile セミナー

参考資料

川崎 さちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ