THE超高級老人ホーム。1億円超えのクオリティ&気になる「諸条件」

Vectorpocket/shutterstock.com

金融庁の「老後生活には2,000万円の蓄えが必要である」というリポートが話題となる一方、入居一時金だけで3億円を超える超高級有料老人ホームに入居する方も存在します。

ちなみにこの3億円は賃貸物件の「敷金・礼金・保証金」や「前払家賃」などにあたるもので、管理費や食費に相当する月額使用料は更に別途かかるというのですから、

  • 入居したらどのような「夢のシニアライフ」が待っているのか?
  • 亡くなった後、入居金はどうなるのか?(一部返却されるのか)
  • そもそもなぜそんな高級な老人ホームに入居したいと考えるのか?

・・・等々、興味や疑問が次々と沸いてくるのは当然のことです。

そこで今回は、高級ホテル並みといわれる超高級有料老人ホームの設備やサービス、レストラン顔負けの食事などについてご紹介。

続きを読む

退去した場合、亡くなった時に高額の入居金は返還されるのか?といった「お金」にまつわるお話、お金があっても入居NGとなる注意点などについてもお伝えしてまいります。

一度でイイから見てみたい!これぞ「THE高級有料老人ホーム」

ではまず日本を代表する高級有料老人ホームを見てまいりましょう。

サクラビア成城(東京都世田谷区)

「○○ヒルズ」と名の付くオフィスビルや商業施設で有名な森ビル株式会社と、セキュリティのトップ企業セコム株式会社が日本有数の高級住宅街、東京都世田谷区成城にオープンしたのが「サクラビア成城」です。

テレビや雑誌の高級有料老人ホーム特集には必ずといっていいほど登場し、3億円を超える入居一時金(最もリーズナブルな居室でも1億円超えです)が衆目を集めています。

国内トップランクの費用がかかるだけあって、その外観・内装は豪華の一言。

錦鯉が優雅に泳ぐ日本庭園やシャンデリアが輝くロビーは、ニューオータニやオークラといった一流ホテルに勝るとも劣りません。

グランクレール馬事公苑(東京都世田谷区)

東急不動産ホールディングスグループ直営の「グランクレール馬事公苑」は2LDKタイプで入居一時金が1億円を超える、高級有料老人ホームです。

オックスフォード大学や英国の貴族の館を思わせる外観は、伝統を感じさせる様式美で、重厚感が感じられます。
またBunkamuraを有する東急グループだけあり、季節に合わせたコンサートや毎週日曜日に行われるピアノの生演奏など、文化イベントが充実しているのも魅力。

リムジンによる二子玉川や桜新町などの近隣エリアへの送迎サービスもあり、アクティブなシニア向けといった印象を受けます。

サンシティ吉祥寺(東京都三鷹市)

サンシティ吉祥寺」のテーマは「リゾートホテルのような上質な住空間」。
住みたい街ランキングで常に上位にランキングされる吉祥寺エリアにありながら、空間を贅沢に、ゆったりと使用しているため、リラックスして毎日が過ごせる印象です。

プールやフィットネスルーム、シアタールームまで完備して、ゆとりのシニアライフを送ることができそうです。

トラストグレイス御影(兵庫県神戸市灘区)

老人ホームといわれなければ「なんて素敵なリゾートホテルなんだろう」と見まがうほどの「トラストグレイス御影」。

リゾートホテルやゴルフ場などを手がけるリゾートトラストグループが運営元なだけあり、「100万ドルの夜景」神戸の街を一望できる抜群の眺望はリゾートホテルを上回り、わざわざ出かけてみたいと思わせるほどです。

また壁一面ガラス張りの展望大浴場や露天風呂、屋上プールにジェットバスなど、クアハウスなみの入浴施設も充実。
1億円を超える入居一時金(前払い賃料を含む)も納得のクオリティです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
杉浦 直樹
  • 杉浦 直樹
  • アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)/JSA認定ソムリエ/元歌舞伎役者

元歌舞伎役者・ファイナンシャル プランナー・ソムリエという異色の経歴を持つ。大学卒業後、広告代理店制作部のコピーライターとして職に就くも一転、人間国宝四世中村雀右衛門に入門。15年間歌舞伎座・国立劇場などの舞台に立つ。役者時代の芸名は、大谷友三郎(おおたにともざぶろう)・中村京子郎(なかむらきょうしろう)。プジョーシトロエンジャポン入社後、シトロエン新車販売で日本一のセールス成績を3回おさめる。のちソニー生命保険株式会社にスカウトされ入社。AFP・住宅ローンアドバイザーの資格を取得、家計コンサルティングをしながら生命保険・損害保険を販売。その後JSA認定ソムリエの資格を取得。ソムリエ兼支配人として、東京広尾のブルゴーニュとシャンパーニュの古酒専門フレンチレストラン「レヴェレンス」を運営(~2018年)。