元銀行員が分析する「お金が貯まらない人の特徴」とは?

Aleksei Morozov/iStock

「一生懸命努力しているのにお金が貯まらない」という人が少なからずいらっしゃいます。

元銀行員として多くの個人のお客様や企業の方々と接してきたなかで感じたことは、お金が貯まりにくい人には共通点があるということです。

どうしてお金を貯めることができないのか。これは多くの人が抱える悩みでもありますよね。

そこで本日は、お金が貯まらない人の特徴について見ていきたいと思います。自分は「お金が貯まらない人」になっていないか・・・一緒に確認していきましょう!

続きを読む

お金が貯まらない人の特徴その1: 気が大きくなりやすい人

私がこれまで不動産融資や住宅ローンなどの業務に関わる中で感じたことは、人は大きな数字になると感覚が麻痺するということです。

住宅や自動車など大きな金額の買い物となると、気が大きくなって数十万円や数百万円のオプションを平気で追加されたりします。

一方で、ランチの数百円のサラダを追加するかしないかで悩んでいるのを見ると、ちょっとおかしな気にもなりますね。

このような人は、気分が良くなったり、楽しい場面でサイフの口が大きく空いてしまうタイプの人です。お金が貯まらないのはこのせいです。

お財布にお金を入れておかないのも策かもしれませんが、これでは芸がありませんよね。

気が大きくなるタイプの人は、自分の性格をよく認識しておき、今日はここまでしか使わないとあらかじめ決めておきましょう。

使ってもよい金額だけをサイフに入れておくのもいいかもしれません。くれぐれも電子マネーやカードの使いすぎには注意が必要です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮澤 顕介

明治大学商学部卒業後、みずほ銀行、オリックス等をはじめとした金融機関で勤務。現在は、一種外務員、生命保険募集人、FP2級等の資格を保有し、ファイナンシャルアドバイザーとして活動。個人向けマネーセミナーでも登壇。長期・分散・つみたて投資の重要性を発信するとともに医療保険の見直しも得意としている。