元銀行員が分析する「お金が貯まらない人の特徴」とは?

元銀行員オススメ、お金が貯まる方法その1:お金に働いてもらう

ここからは、元銀行員がすすめるお金が貯まる方法をお伝えします。一緒に見ていきましょう。

コロナ禍もあり、所得が思うように上がらない昨今。支出を見直すだけでお金を増やすのは限界かもしれません。

「使わないお金があったら、すぐ貯金」もいいかもしれませんが、お金自身に働いてもらう資産運用も検討してみませんか。

イデコやつみたてニーサといった、国が後押しする税制優遇制度もあります。

これらを通じて投資信託や株式、保険商品にチャレンジするのもいいかもしれません。

預金だけでお金が増える時代ではありませんから、自分に合った商品や制度を活用して、お金を活用してみましょう。

社会が激変している今だからこそ、お金の大切さが身にしみる昨今です。

お金の知識は必ず自分を助けてくれますから、今後必要となってくる大切なスキルではないかと思います。

銀行員オススメ、お金が貯まる方法その2: 長期・分散・積立投資

前章でお金に働いてもらうことを提案しましたが、できれば、長期・分散・積立投資で働いてもらいましょう。

長期で運用ができれば、リスクが軽減され、リターンが安定してきます。初心者も取り組みやすくなりますね。

できれば、10年、20年、30年と末永く運用を続けていただきたいと思います。

長期運用のメリットは、なんと言っても「複利効果」です。複利は長期投資でこそ、その力を最大限発揮します。

大きくなったものが更に大きくなっていく訳ですから、単利などとは比較にならないスピードで資産が増えていくのです。

初心者は運用に対して不安に思うことが多いと思います。

お金に関する不安は、FP(ファイナンシャル・プランナー)などに相談して、アドバイスを受けるのがいちばんです。

1人で決めてしまうと、投資に適した商品を選べない可能性もあります。ぜひ専門家を頼って相談されることをオススメします。 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮澤 顕介

明治大学商学部卒業後、みずほ銀行、オリックス等をはじめとした金融機関で勤務。現在は、一種外務員、生命保険募集人、FP2級等の資格を保有し、ファイナンシャルアドバイザーとして活動。個人向けマネーセミナーでも登壇。長期・分散・つみたて投資の重要性を発信するとともに医療保険の見直しも得意としている。