「現在の生活に満足している」20代、収入も買い物も背伸びしない

他の年代より現在の生活に満足している20代

内閣府の「国民生活に関する世論調査(令和元年度)」によると、18歳以上を対象に現在の生活にどの程度満足しているかを聞いたところ、全年代では「満足」が73.8%のところ、18~29歳の若者では85.8%が「満足」と回答。これは、調査対象のすべての年代の中で最も高い数字です。

また「所得・収入に対する満足度」についても、全年代では52.3%が「満足」と回答しているのに対し、18~29歳では58.4%が「満足」しており、こちらもすべての年代の中で最も満足している人の割合が高くなっています。

続きを読む

注:「満足」=「満足している」「まあ満足している」と回答した人の合計

お金に対する価値観やその使い方には個人差が大きい一方で、若者の消費傾向というのは景気や社会全体の雰囲気などを反映するとも言われています。

では実際、20代のお金事情や消費傾向はどのようなものなのでしょうか。最新の調査データから生活満足度の高さの理由を探っていきましょう。

20代の平均お小遣い額と貯蓄額

まずは、20代のお財布事情を見ていきましょう。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が、20代男女1,000人を対象に行った「20代の金銭感覚についての意識調査2021」によると、毎月自由に使えるお金はいくらあるか聞いたところ、お小遣いの平均は月2万9,398円でした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

京都大学大学院情報学研究科を修了後、リクルート住まいカンパニーに3年間勤務。退社後は金融関係の情報を中心に発信するライター/コラムニストへと転身。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Abema」「Credictionary(セゾンカード)」などに寄稿中。