「現在の生活に満足している」20代、収入も買い物も背伸びしない

copy URL

そんな中、20代はサブスクサービスをどのように捉えているのでしょうか。同調査によると、利用意向について前向きなのは全体の42.1%となっており、これは前回の2020年版調査に比べて4.1ポイント高い数字です。

一方で、実際にサブスクサービスにお金をかけている人の割合は34.8%にとどまっており、ひと月あたりにかけている金額の全体平均も738円と、実際に使っている人はまだ少数派のようです。

しかしながら、サブスクサービスの「モノを持たない消費」というのは20代の消費傾向と合っていることから、今後はさらに若い世代にもサブスクサービスは広がっていく可能性がありそうです。

おわりに

20代と言えば、お金を自由に使えるという喜びから多少向こう見ずな消費をしがちな年代というイメージがありましたが、昨今の20代はそのようなことはなく、自分の身の丈に合った消費活動をする人が多いようです。筆者は多少痛い目を見ながらお金の使い方のイロハを学びましたが、最近の20代は既にそういった知識がしっかりインプットされているのかもしれませんね。

マネイロセミナー

参考資料

川上 俊介

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

京都大学大学院情報学研究科を修了後、リクルート住まいカンパニーに3年間勤務。退社後は金融関係の情報を中心に発信するライター/コラムニストへと転身。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Abema」「Credictionary(セゾンカード)」などに寄稿中。