THE退職金比較「国家公務員VSフツーの会社員」

民間企業の「退職金」をめぐる現状

さて、民間企業におつとめされている場合、そもそも会社に退職金制度がない人、または、退職金のかわりに企業型確定拠出年金制度が導入された、といった人もいらっしゃるのではないでしょうか。

企業型確定拠出年金は、会社から投資信託などの銘柄や手数料が記載されたガイドを渡され、その後の運用方針はすべて従業員自身の責任となるわけです。

さらに、自分の会社にも「退職金制度自体がない」という場合は、老後に向けて、より一層注意深くマネープランを練っていく必要があります。

終身雇用制が崩壊し、転職を通じたキャリアアップを図る人が増えたこんにち。学歴や勤続年数に大きく左右される退職金制度自体の存在が、時代にマッチしなくなったという考え方もあるでしょう。

これまで「会社任せ」の部分が大きかった老後のマネープランを、ご自身の責任で作り上げていく、という意識が必要になっているのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。