ゆとりある老後、みんなが貯めたい金額と達成率の現実

平均寿命が長くなればなるほど、老後のお金が心配になるということはありませんか。コロナ禍が長引く今は、さらに不安が増しているのではないでしょうか。

昨年8月に日本生命が契約者7,543人(男性:4,045人、女性:3,498人)※を対象に行った「セカンドライフについて」の調査には、セカンドライフの予算に関する項目があります。その結果から、ゆとりある老後を送るための金額や、老後資金を貯めるためにチェックしておきたい点を紹介します。

続きを読む

※年代別の比率は、〜20代:6.9%、30代:14.5%、40代:21.3%、50代:30.3%、60代:17.9%、70代〜:9.2%

現在の生活より老後の生活にゆとりを希望

まず、「ゆとりあるセカンドライフにかかる1カ月の生活費はいくらくらいだと思うか」を聞いたところ、夫婦の場合は平均額が約28.8万円(n=4,295)、単身では約24.6万円(n=2,059)。

これを現在の生活費と比べると、夫婦の場合は4.8万円、単身では8.4万円、セカンドライフの生活費の方が多いという結果です。年代別に見ても、すべての年代で自分がイメージする老後の生活費の平均金額は現在の生活費より多くなっています(図表1参照)。

図表1:ゆとりあるセカンドライフに必要な生活費(1カ月あたり)と現在の生活費との差額

拡大する

出所:ニッセイ インターネットアンケート~セカンドライフについて~(日本生命保険相互会社)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 中野 令子
  • ファイナンシャルプランナー/コラムニスト

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社で約17年勤務。個人と法人向けに金融商品の販売に従事。現在は家業を手伝うかたわら、資産運用や保険のコンサルを行う。毎日の生活の中にあるお金をテーマに「くらしとお金の経済メディア LIMO」に執筆するほか、「女性の老後のためのメディア ミュゲ」の監修者として活動中。難しくて敬遠しがちな金融のしくみについて、わかりやすく説明。プライベートでは2児の母として、奮闘する毎日。