安定の代表格、公務員の給料は国と地方でどのくらい違うか

Oleksiy Mark/shutterstock.com

雇用環境やお給料に安定感があることから、「公務員がうらやましい」と感じている人も多いのではないでしょうか。とくに収入面では、安定性だけでなく高収入というイメージを持たれることも珍しくありません。

とはいえ、ひとくちに公務員といっても、その業種や立場はさまざま。同じ会社員でも企業や業種によって給料が異なるのと同様に、公務員の給与も状況によって差があります。

そこで今回は、公務員の給与事情を詳しくのぞいていきましょう。気になる会社員の給料との差も、あわせてみていきます。

続きを読む

「地方公務員」の給料は?

地方公務員は、大きく分けて「地方公務員」と「国家公務員」の2つが存在します。まずは、地方公務員の給料事情からみてみましょう。

総務省の「平成31年地方公務員給与の実態」(2019年)によると、地方公務員の一般行政職の平均給与月額は「40万6,201円」、平均年齢は42.1歳となっています。そして、この金額を公表資料と同じベース(=時間外勤務手当等を除いたもの)にすると、「36万2,047円」となります。

なお、各用語の意味は以下の通りです。

  • 平均給与月額…平均給料月額と諸手当月額を合計したもので、給料の調整額を含む。
  • 諸手当月額…月ごとに支払われることとされている扶養手当、地域手当、住居手当、特殊勤務手当、 時間外勤務手当等の諸手当の額を合計したもの。

ではここで、地方公務員の給料事情をさらに詳しくみてみましょう。先述の「平成31年地方公務員給与実態調査結果等の概要」(2019年)に示されている、地方公務員の団体区分ごとの平均給与は以下の通りです。(カッコ内は諸手当を含めない金額)

  • 都道府県・・・41万2,987円(32万5,365円)*平均年齢42.9歳
  • 指定都市・・・43万6,783円(31万9,895円)*平均年齢41.8歳
  • 市・・・・・・・・・40万1,621円(31万6,496円)*平均年齢41.8歳
  • 町村・・・・・・・36万571円 (30万2,587円)*平均年齢41.3歳
  • 特別区・・・・・42万7,789円(30万4,486円)*平均年齢40.8歳

こうみると、諸手当も含めた金額は団体区分によって最大7万円以上の差があることがわかります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。