貯金ゼロ世帯も少なくない!老後格差アリの定年後70代預貯金

70代の金融資産保有額

金融広報中央委員会が実施した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」によると、70歳以上の金融資産保有額(金融資産保有世帯)の平均は1978万円、中央値は1100万円となっています。

中央値はデータを大きい順に並べて、ちょうど真ん中にくる値です。平均値は極端に多い値に引きずられてしまうので、中央値の方がより実態を表していると言えます。

また、同じく70歳以上で「金融資産を保有していない世帯を含む金融資産保有額」となると、平均は1314万円で、中央値は460万円となっています。

金融資産保有世帯と比べると、中央値で640万の開きがあります。金融資産を保有しているか、保有していないかが、老後格差の要因となっているようです。

老後資産格差アリから、ゆとりある老後を目指すには

では、この老後貯金格差を埋め、70代になっても「ゆとりある老後」にするにはどうしたらいいでしょうか。

重要なのは「金融資産=運用資産」を保有することです。

平均寿命が伸び、老後が長くなったので、早い段階からコツコツと用意をすること、また老後になっても運用は止めず、可能な限り、一度に崩さないというスタンスが大切になります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
高橋 明香

ファイナンシャルアドバイザー
会計専門学校卒業後、和光証券株式会社(現みずほ証券株式会社)に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人・法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に従事する。そのキャリアは20年に渡る。後進の育成にも注力し、教育・研修担当としても活躍。豊富な金融知識と親しみやすい性格で顧客からの信頼も厚い。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。CFP(Certified Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。