女社会のドロドロ人間関係!私が転職を決意した決定的な出来事

jesadaphorn/shutterstock.com

皆さんは、今までに「女の世界は怖い」「女だけの職場は面倒くさい」などという話を耳にした経験はないでしょうか。以前執筆した、『女は嫉妬深い生きもの?ママ友から「嫉妬されやすい人」「嫉妬されにくい人」』(LIMO)という記事内では、女性は男性に比べて嫉妬深い傾向があるとお伝えしました。

今回はその内容を踏まえ、筆者が某化粧品会社で勤務していたときに経験した「女社会のドロドロ劇」をご紹介します。

憧れの化粧品会社に内定!

続きを読む

20代前半の頃に勤めていた企業は、日本人なら誰もが知る超有名化粧品メーカー。高校時代に開花したメイク熱をアピールして採用されましたが、化粧品会社なので女性ばかりの職場環境です。家族や友人からは「ぴったりの職場が見つかったね!」「頑張ってね!コスメ買いに行くね!」などと激励をもらい、やる気がメキメキとみなぎっていたのを今でも鮮明に思い出せます。

化粧品メーカーは華やかで女性らしい雰囲気を感じさせる職場だと思われがちですが、実際に働いてみるとその職場は「上下関係が厳しく体育会系」でした。

  • 髪型を細かく指定される
  • その日使っているメイク用品をチェックされる
  • 自身の肌荒れは許されない
  • 肌知識や製品知識など覚えることが多い

周りからは華やかな印象が強い化粧品メーカーですが、実は上記のように規律が細かく、覚えなくてはいけないことが山積みです。もちろん、化粧品メーカーに応募したときから覚えなくてはいけないことが多いのは予測していました。しかし、まさか自分がドラマのようなドロドロ劇に巻き込まれてしまうとは夢にも思っていなかったのです…。

先輩からのいじめ

当時、社会経験もほとんどなかった筆者。配属された担当ショッピングモールには2人の先輩BA(美容部員)がいて、指導を受けることになりました。1人の先輩BAは物腰が低くて誰にでも優しいMさん。Mさんは未熟な筆者にも笑顔で接してくれたり、細かく美容指導をしてくれたりしました。しかし、もう1人の先輩Oさんは何かにつけて筆者を罵倒します。「今日つけている口紅って何番?うちの製品にそんな色なかったと思うんだけど」「その髪型なに?」「その服装(出勤時の私服)変だね〜」など、ほぼ毎日Oさんに見下ろされながら嫌味を言われ続けました。基本的に2人体制での勤務が多く、優しいMさんと一緒の日はいいのですが、Oさんとタッグを組む日が苦痛で仕方ありませんでした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

紅茶とヨガとサーフィンと読書が好きな3児の母。子ども英会話教室運営や私立幼稚園の英会話教諭として働いていた経験から、幼児教育や日本の教育体制に強い関心を持つ。長男がADHDであり、発達支援や支援教育についても精通している。今後加速するテクノロジー教育をさらに広めるため、日々発信中!
Twitter:広瀬あゆみ