老後破産のおそれも…元経営者だった70歳夫婦の苦難

老後生活は長いもの。きちんとした計画が大切

「令和2年版厚生労働白書」によると、人口のピークを迎えるのは2040年。それに向けて、「健康寿命の延伸」「生涯現役の就労と社会参加」が掲げられています。これからさらに寿命も延びていくといわれている今。老後生活を楽しむためにも、お金は計画的に使っていくことが大切になるでしょう。

この貯蓄で大丈夫なのか、あとどのくらい貯金すればいいのか不安を抱えているならば、現時点での収支を確認し、老後のためのマネープランを考えてみてはいかがでしょうか。

マネイロセミナー

【ご参考】貯蓄とは

総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

参照

古谷 梨子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

IT企業の金融系子会社で債務整理に関わる業務に携わり、さまざまな人間模様を垣間見てきました。出産後はフリーライターとして活動中。生活を締め付けない節約ライフを目指して、暮らし・育児・お金に関わる情報を発信していきます。