健康寿命は70代前半!70代の貯蓄額と年金受給額から考える、必要な老後資金額

Andrew Rybalko/shutterstock.com

2020年度版の「厚生労働白書」によると、今の45歳が高齢者になる20年後の日本では65歳男性の約4割が90歳まで、65歳女性の2割が100歳まで生きると考えられています。65歳女性の約7割は90歳まで生きるとされており、いよいよ人生100年時代が現実味を帯びてきたといえそうです。長くなる可能性が高い老後生活のために、今できることを考えます。

人生100年時代が本格的に到来

同資料によると2019年に65歳になった人のうち、男性の4%は100歳まで、36%は90歳まで生きると推定されています。一方、女性の16%は100歳まで、62%は90歳まで生きると考えられます。70歳まで働いたとしても、セカンドライフの期間は20~30年間という長期間に及ぶ可能性があります。

続きを読む

「思っていた以上に老後が長い」「老後資金が足りるだろうか」と不安になる人もいるのではないでしょうか。長いセカンドライフに備えて今どんな備えをしておけばよいのか考えます。

現在の70代の貯蓄額は

はじめに、現在の70代がどのくらいの貯蓄を保有しているのかについてご紹介します。総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2019年(令和元年)平均結果―(二人以上の世帯)」によると、二人以上世帯の貯蓄現在高は1,755万円、負債現在高は570万円です。

70代以上に絞ってみると、貯蓄現在高は2,253万円。内訳のうち、もっとも多い定期性預貯金は900万円を超えています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。