「60歳の住宅ローン残高は500万円…」定年後ローンがある家庭はどれくらい?

「住宅ローン残高が60歳で500万円も…」夫がもうじき定年を迎えるパートタイマーのアラフィフ主婦Aさんは、コロナ禍もあり、ローンの残高に不安が募っているようです。

住宅ローンを組んでいる方は、いつ返済が終わるのかは分かっていても、定年時にいくらローン残高があるか?を把握してない方も多いのかもしれません。そこで60代でローン残高がある人の割合を見てみましょう。

60代でローンがある人は何%?

独立行政法人労働政策研究・研修機構「【第Ⅰ部 調査概要】調査シリーズNo.199『60代の雇用・生活調査』」(2019年7月~8月調査)にある60~69歳5,000人の調査対象者について、世帯の借入金の有無をみると…。

ある:22.5%
ない:73.9%
無回答:3.6%

およそ4人に1人が何かしらのローンがあることになります。では、具体的な借入金額はいくらくらいなのでしょうか?

30万円以下:2.6%
31万円以上50万円以下:4.2%
51万円以上100万円以下:10.1%
101万円以上300万円以下:18.4%
501万円以上1,000万円以下:15.9%
1,001万円以上2,000万円以下:11.0%
無回答:22.0%

101万円以上300万円以下の人が約2割を占めます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。