会社員と公務員。給料が高いのは、どっち?

Overearth/shutterstock.com

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、民間企業の給与水準は大きく低下しました。その状況を踏まえ、人事院勧告を受けた政府は、2020年度の国家公務員のボーナス(期末・勤勉手当)の引き下げと、月給の据え置きの実施を決定しています。

10年ぶりに行なわれた、国家公務員のボーナスのマイナス改定。しかし、それでも「公務員は安定しているうえに給料が高い」というイメージを持っている人は少なくありません。

続きを読む

実際のところ、会社員と公務員の給料にはどのくらいの差があるのでしょうか。給料に関するさまざまなデータをもとに、両者を比較してみましょう。

「民間の会社員」の給料は?

まずは国税庁の「令和元年(2019年)分民間給与実態統計調査」をもとに、民間会社員の平均給与(年収)を見ていきましょう。

  • 会社員の平均年収…436万4,000円

(うち平均給料・手当366万1,000円、うち平均賞与70万3,000円)

ちなみに、公務員(後述)と比較しやすいよう、「うち平均給料・手当366万1,000円」を月平均になおしてみると、30万5,083円となります。

とはいえ、これはあくまでも会社員全体の数字です。民間企業の給与は企業の規模によっても差があるため、企業規模別にみたデータも確認しておきましょう。厚生労働省の「令和元年(2019年)賃金構造基本統計調査」における、企業規模別の平均給与は以下の通りです。

男性

  • 大企業:38万300円    平均年齢42.9歳 勤続年数15.6年
  • 中企業:32万3,200円   平均年齢43.5歳 勤続年数13.3年
  • 小企業:29万7,100円   平均年齢45.6歳 勤続年数11.8年

女性

  • 大企業:27万900円    平均年齢40.5歳 勤続年数10.3年
  • 中企業:24万8,100円   平均年齢42.0歳 勤続年数9.7年
  • 小企業:22万8,700円   平均年齢43.1歳 勤続年数9.2年

なお、それぞれの用語の意味は以下の通りです。

【企業規模】

調査労働者の属する企業の全常用労働者数の規模。常用労働者 1,000人以上を「大企業」、100~999人を「中企業」、10~99人を「小企業」に区分しています。

【賃金】

6月分の所定内給与額。所定内給与額…労働契約等であらかじめ定められている支給条件、算定方法により6月分として支給された現金給与額(きまって支給する現金給与額)のうち、超過労働給与額(①時間外勤務手当、②深夜勤務手当、③休日出勤手当、④宿日直手当、⑤交替手当として支給される給与をいう)を差し引いた額で、所得税等を控除する前の額。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。